ものくろシティの住人

ものくろに関することと個人的な雑記を書いてます

同居人は同居人でいいのかな

本日もお越し頂きありがとうございます

ブログを書くのに同居人をどう表現すればいいのやら

色々考えておりました

鬼嫁は普通ですし、同居人も今一つですしじか

jしっくりする表現がなかなか浮かばなくて

あれこれ考えてるんですけどねえ

赤の他人ではありませんし、仲がいい訳でもないので

一番身近で、もっとも遠い存在が奥さんなんですねえ

私がこの家庭のルールって存在ですから家主ってことなのかな

次回からは家主ってことで記事を書いていこう

 

トイレと風呂だけが快適な場所ってどうなんでしょう

本日もお越し頂きありがとうございます

同居人(嫁)の家庭内でのルールがさらに厳しくなっているような気がするのは

気のせいなのか?
同居人と暮らし始めて10数年になりますが、

”私がこの家のルール”って感じがさらに増しているようにも思えてきます

細かい事を言ったらきりがないので省略しますが、

”家庭ってなんだろう”、”家族って何だろう”

この頃、1人になると考えることがよくあるんですよ

”私がルール”もいいんですが、当の本人がそのルールを守らないことがたまにあるのは

いかがなものかと???

子供達を見ていると同居人の顔色を伺いながら行動してようで、

当の本人は全く気付いてないんでしょうね

余りにもおかしなルールは”それは、ちょっとちがうんじゃないのかな”

やわらかな口調でこちらから話しても厳しい口調で倍返しですから

どうにもなりません
まー同居人の好きなようにやらせておけば、本人は満足なのですから

やりたいようにやらせてますけどね

唯一の安らぎの場所と言えば トイレと風呂場だけになってしまいました

誰にもじゃまされずに1人きりになれる家のなかでの唯一の場所となってしまいました

結婚する相手を間違えてしまったと思ってももう手遅れですし、

子供たちが成人するまでの辛抱ですから

それまでに色々と準備をしておかなくては

あしたもがんばって会社へいきましょう

ブログの記事は1000文字以下でも構わない時代がきっとやってくる

本日もお越し頂きありがとうございます

ブログの記事は1000文字以上が好ましいと言われています

これはグーグルの広告を掲載する際の審査に通りやすい一つの目安と言われています

しかし1000文字以上の記事を書くのは非常につらい事です

文章を書くことが苦手な方なら非常に大変な作業になってしまうんですよ

ブログを初めて3ヶを過ぎましたが、いまだに文章を書くことが苦手ですね

好きなことを書いても1000文字以上書くとなるとかなり苦戦します

しかし、1000文字以上書かなくてもブログとして通用する時代が

必ずやってくると信じて何とか書いていきましょう

 

 

事故によって見えなかった真実が見えたこと

本日もお越し頂きありがとうございます

事故から3種間ほど過ぎ、おかげさまで仕事にも復帰できるまでになりました

ブログの方はほとんど更新していませんでしたが

マッタリト更新していきましょう

事故で入院した時に自分の奥さんは全く心配してませんでした

それどころか、仕事を休むことになるので金銭的な嫌味を遠回しに言われましたよ

「自分は単なるATMみたいなものなのか」

彼女の本音を聞けたことが、見えなかったものが良く見えるようになりました

結婚する相手を間違えてしまった

ただ、それだけなんですよ

退院してからは奥さんがただの同居人にしか見えなくなってしまいました

好きとか嫌いとかじゃなく、ただ同じ屋根の下で住んでいる人間

それ以上の感情は無くなってしまいました

明日からはもっと明るいネタを探して書くことにします

 

 

経過

本日もお越し頂きありがとうございます
週明け早々、救急車で病院に運ばれた通勤ライダーです
病院に運ばれるとまずはレントゲンを撮られ、次にCTを取られました
体を動かすことが出来ないのでポータブルX線撮影装置と呼ばれるもので撮影したわけです

f:id:hiro-fukuoka:20190822213723j:plain

  これがポータブルX線撮影装置

引用ポータブルX線撮影装置



腰の下にタブレットに似た物を置かれて撮影されたんですが
右のわき腹を強く打って、病院に到着した頃には、上半身を動かすことが、全くできませんでした
レントゲンを撮るためとはいえ、タブレットもどきを腰の下に置かれたときは
絶叫寸前でした
看護師の方に「痛い」と言えないのは大変つらいの一言です
転倒して頭を打っているのでCTも撮られました
数分で担当して医師が戻ってきてレントゲンの画像を見ながら
「右鎖骨と肋骨三本骨折してますので入院ですね」あっさり言われまして
自分で思っていた結果よりかなり悪い結果だったことは覚えています
(軽度の気胸も見られるとのことでした)
そのまま即入院コースになり、3日間ほどベットで寝たままの状態でした
わき腹が痛くて起き上がるのに苦労しましたし
寝返りが全くできない状態の3日間でしたよ
入院して6日目に鎖骨の手術を朝一番で行い、次の日にはなんとか退院することが出来ました
この程度のケガで済んで良かったのか、これほどひどいケガになってしまったのか
いい歳したオッサンがバイクで転んで骨折なんて

ハズカシイ話を最後まで読んで頂きありがとうございます